intercross-2000 | intercross

iclogo2.pngiclogo2.png

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 製品案内 > intercross-2000

intercross-200

chapter_01.gif

ペルチェ素子を利用した温冷痛覚刺激装置

刺激温度・温調速度・刺激時間など任意設定可能。

生体用としてMRI内での刺激も可能です。
外部出力はアナログ出力とトリガー出力を用意し、PCとの連携にも対応。

chapter_04.gif

2000_01.jpg
ベース温度 温度変化速度 刺激温度 刺激時間をフロントパネルで設定

2000_02a.gif

2000_03a.gif

外部コントロールソフトウエア

intercross-2000は内部からのアナログコントロール信号をうけてプローブ温度をコントロール可能です。
DAコンバータカードを使用してPCからアナログコントロールするシステムを構築できます。

chapter_06.gif

2000_04.jpg
刺激面積  10mm 角
ケーブル長 7m
プローブ部分のみMRI内に入り刺激します。

chapter_02.gif

温度刺激部
intercross-2000
温調速度
0.5℃/sec 〜 15℃/sec  0.1℃/sec単位 任意設定
温調範囲
-10〜60℃  0.1℃単位  任意設定
刺激パルス幅 1sec単位  任意設定
ベース温度 30℃ 35℃  切替
外部通信 温度アナログ出力 BNC 0〜6V
トリガーout出力   TTL
トリガーin      TTL
PC制御端子 アナログ制御

chapter_05.gif

公開されている特許はありません。







Tel: 03-5953-3930
Fax: 03-5953-3940
Mail: po@intercross.co.jp










009F3E.gif













iclogo2.pngiclogo2.png










009F3E.gif













iclogo2.pngiclogo2.png


















009F3E.gif













iclogo2.pngiclogo2.png